未経験・無資格可
患者さんのお悩みに寄り添える
カウンセラーを募集しています

長く皮膚トラブルで苦しんできた方
辛いアトピーを克服した方
あなたの力をかしてください。
患者様の痛みを共有し、気持ちに寄り添い
肌本来の回復力を信じて
健康な素肌を取り戻すまで
寄り添い励ますカウンセラーを求めています。

さくらクリニックながれやまの院長、山田きよ子です。
アトピー性皮膚炎をはじめ肌あれ、ニキビ、薄毛、シミ、シワなどに悩む患者さんの数は年々増加しているように思われます。

「さくら式治療法」は、通常、人が生まれながらに持つ皮膚の「バリア機能」「再生サイクル」の妨げになっている原因を取り除き、皮膚が正常な働きを取り戻すことを促す治療法です。

患者様より寄せられたお声

体験者として 医師として 感動を伝えていきたい
「私のアトピー克服体験」
自らのアトピー克服体験を語る 医師  T・Sさん

現在都内でクリニックを開業しているSさんは、20年以上も、アトピーに苦しみ続けました。 ステロイド軟膏の外用やかゆみ止め、漢方薬の内服を欠かせませんでした。

「当時の私は医師という過酷な仕事のため、生来のアトピー性皮膚炎の症状が最悪な状態でした。
かゆみは全身がけいれんするほどひどく、皮膚がうろこのように厚く逆立ち、いつもジュクジュクして、顔全体が赤くはれ上がっていました」と当時のことを振り返り、話してくれました。

そんな時、「さくらクリニックながれやま」院長の山田きよ子医師に出会い、初めて皮膚細胞活性治療法のことを知ったそうです。

 

アトピー地獄から脱出!
あの苦しみが過去のものに。
肌細胞の働きを考えた多糖類ケアがアトピーで悩む人を救う!

”皮膚細胞活性治療法でツルツルの白い肌が!”

 

その治療法とは「角質層を整えて肌が本来持っているバリア機能を取り戻し、健康な皮膚を作るというもの。一般の化粧品では角質は余分なもの、油で溶かして柔らかい肌にと主張するのとは正反対でした」とSさん。

さくらクリニックで院内処方されたノンオイルのステロイド外用剤は、油でなく多糖類を使用、薬効が切れてもリバウンドがなく、Sさんの場合5 ヶ月の使用で、20数年間、毎日使用していたステロイド剤を3日に1 回まで減らすことができたそうです。

「本当にさくらクリニックに出会えたおかげです」と嬉しそう。

院長インタビュー

皮膚科を目指したきっかけを教えてください。

私は、家族をはじめ身近に医者がいる家庭で育ったわけではなく、学生時代はもっぱらソフトテニスに明け暮れる生活を送っていました。中学の時に関東大会まで進出したことで、高校もソフトテニスに専念したいと、マラソンの増田明美さんやハンマー投げの室伏広治さんなど、有名なアスリートを輩出している成田高校に進学しました。授業が終わると暗い時間まで練習に打ち込む毎日で、その頃は医者になるという考えはなかったですね。

保険会社でOLとして働いたのですが、当時は女性は早く結婚することが良いとされていた時代で、そのような社会環境の中で自分はどう生きていきたいかを考えた時に、医者になって社会に貢献していきたいと思ったんです。

いま、力を入れて取り組んでいることはありますか?

アレルギーの研究に力を入れています。初めてアレルギーの報告がされたのは、今から110年前に遡るのですが、その後110年間の研究において、アレルギーは生まれ持った体質だという考え方が一般的でした。それが、最近の研究でそれと異なる考え方が明らかになってきています。

アレルギーが起きやすいとされる病気は、皮膚や粘膜、気道など、外界と接するところに多いと言われており、それはつまり、皮膚は内臓などを守るバリアの機能を果たしていると言えるのです。そのバリアが刺激を受け、ぜい弱になることによって、花粉症や敏感肌などのアレルギーが引き起こされると考え、当院では「肌のバリア機能」に着目した治療を行い、ほかのクリニックと差別化を図っています。

一緒に働く方に求めるもの何ですか?

先ほどお話した、バリアを傷つけないことが肌の健康や美しさにつながるという考え方に共感できる方です。実際に、肌トラブルにお悩みの方のほうが、共感していただきやすいかもしれないです。できれば、当院の治療法を正しく行うことで、肌トラブルが改善するという体験を感じてもらえるといいですね。患者様などにもそれをしつかりと紹介できるといったような、目的意識を持って働ける方が理想です。

患者さんに対してどのような思いで接していらっしゃいますか?

当院では、塗り薬だけでなく肌バリアの健康を意識したスキンケアを併用していますが、大人になると、洗い方やスキンケアの仕方などに自分の気持ちが入ってしまうんですよね。調子が悪いところは洗わないでおこうとか、乾燥するから洗わないでおこうとか。そのような偏った方法を取る患者さんが存在するということを踏まえて、正しい洗い方やその効能などを優しく、丁寧に伝えるようにしています。

今後どのようなクリニックをつくっていきたいですか?

最近の研究では、皮膚が健康であることは、喘息にならないことや腸内の健康につながることが、明らかになってきています。当院では、そのような情報を積極的に共有していくことで、皮膚だけでなく、体全体を健康に導くお手伝いができるようなクリニックにしていきたいと思っています。

スタッフインタビュー

このクリニックで働くようになったきっかけは何ですか?

クリニック勤務は初めてだったので、私に務まるのだろうかと不安な部分もありました。実際は、事務業務よりも患者様との対面対応の割合が多く、自分自身の特性を生かしながら業務に当たることできています。

実は、父の足が長いことオイル製のクリームを塗り続けたせいか、カサカサでミイラのようになって悩んでいました。こちらのノンオイルのスキンケアを紹介したところ肌のやわらかさが戻り、家族でびっくりしました。

このクリニックで働いて成長したことは何ですか?

まずは、純粋に皮膚疾患に関する知識が増えたという点です。実際に医療現場で働くことで、スキンケアの知識だけでなく、健康に関する知識が身についたと感じています。また、個人が運営するクリニックが、どのような患者様をターゲットにして、どのように運営しているのかといった、経営的な面に関しても知識がついているように感じます。

当院を一人でも多くの方に知ってもらうための広報活動に携わらせていただく機会もあり、幅広い分野で成長することができると思います。

さくらクリニックながれやまはどんな職場ですか?

知人に自分の職場を説明する際、“少し特別な皮膚科”であると伝えています。当院は自費診療ですし、患者様に処方する薬は当院が独自に処方を行っています。治療のアプローチに関しても、皮膚のバリア障害のあらゆる症状に1つの治療方針で対処するところから、特別な皮膚科だと感じています。

さくらクリニックながれやまに入ってしか得られないことはなんですか?

少々大げさな表現になってしまうかもしれないのですが、アトピー性皮膚炎を長年患っている患者様が、当院で治療を続けることで劇的に症状が良くなっていく様子をこれまで何度も見ています。

治療を続けても良くならずに悩んでいらっしゃる方が多い中で、アトピー性皮膚炎だったとは信じられないくらいきれいに治っていく症例を目の当たりにし、その現場に立ち会える経験というのは、このクリニックでしか得られない喜びです。

診療方針・カウンセラーの仕事

当院の診療方針

カウンセラーの役割

募集要項

カウンセラー

カウンセラー

初石で開業中の皮膚科医院
2020年11月 流山おおたかの森駅 徒歩2分に移転開業
オープニングスタッフ 2、3名 募集

職種 カウンセラー クリニック受付、カウンセリング、事務(院内作業など)
雇用形態 パート(週3日勤務、月・金・土)
7月以降、即採用(現クリニックにて研修勤務)
給与

時給: 1,100 円~ (能力により)
昇給:年1回

勤務時間

月 9:30~17:00(実働6.5時間)
金・土 9:30~17:00、10:00~17:30(シフト制、実働6.5時間)
日・祭日は休み

資格等 資格不要・経験不要(カウンセラーや医療事務の資格はいりません)
院内教育でカウンセリング、コーチングを学べます。
採用後は、現クリニック勤務中のカウンセラーが責任を持って、カウンセリングと業務指導を受けることができます。
2020年11月の移転後は、医師と新採用スタッフだけが移動します。
オープニングスタッフとして、がんばってくれる方 歓迎!
待遇

交通費全額支給
労災加入

備考 長期勤務歓迎。完全予約制のため、残業はありません。
応募方法 応募フォームよりご連絡ください。